DASHプラチナム 規約

DASHプラチナム 規約

(総則)
第 1 条
1:1:本規約は、当サービス(以下に定義します。)を利用する全ての利用者との間において適用されるものとします。
2:利用者は、本サービスを利用している期間、本規約を誠実に遵守するものとします。

(定義)
第 2 条
本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによります。
①商品当サイト上で『DASHプラチナム』という名称で販売されるセールス、クロージング及び集客方法に関して教育を行う教育プログラム
②当サイトインターネット上でURLをhttp://dash-platinum.net/とする当サービス利用者のみが閲覧することができるウェブサイト
③当サービス、当サイトにおいて提供するサービスおよびシステム
④利用者当サービスを利用する者(当サイトの閲覧権利者)で、本規約第3条1項に規定 された手続きを完了した者
⑤販売者商品及び当サービスを販売・提供する者
⑥運営者商品及び当サービスに関して運営を代行する者
⑦第三者販売者、運営者及び利用者以外のすべての者
⑧代金当サイトで販売する「商品」を購入し、利用するために必要となる金額の総称
⑨法規約条文上別法の記載がない限り、日本国特定商取引法のこと

(申込み方法)
第 3 条
1:販売者の規定する期間において、または限定する人数に達するまでの期間に申込を行い、入金を完了した者を利用者とします。
2:販売者が前項と異なる取り扱いをする場合には、販売者は、当サービスの申込手続が 完了する前までに、当サイト上での掲載その他適切な方法を用いて、購入予定者が申込方法を事前に確認できる措置を講じるものとします。

(禁止行為)
第 4 条
1:利用者は、方法・理由の如何を問わず、次の各号に掲げる行為を行うことは一切できません。以下の事実発覚の際には、個人を特定し損害賠償を請求するものとする。
①当サービスにつき、第三者に対し、その内容の全部又は一部を、口頭、書面もしくはインターネット上に掲載する方法で伝達・公表・公開すること。
②当サービスにつき、その内容を想像できるような表現を使い、インターネット上などにおいて言語などの伝達手段を用いて公開すること。
③当サービスの内容を引用するなどの方法で第三者に開示し、販売者に不利益な行為を与えること。
④販売者・商品・当サービス・当サイトの名称を明記して、あるいはこれらが特定できるような手段・方法を用いて、商品・当サービスの風評を害するような情報をインターネット上などにおいて言語などの伝達手段を用いて公表すること。
⑤商品又は当サービスを利用するにあたり取得したID、パスワードを第三者に譲渡・貸与し、サービスを利用させること。
⑥第三者のメールアドレスの登録など、販売者に対する虚偽の申告・届け出をする行為。
⑦前各号に掲げる行為のほか、販売者又は商品・当サービスに不利益を与える一切の行為で、販売者が社会的相当性を逸脱するものとして不適切と判断するもの。
⑧当サービスまたは当サービス利用者に対するものに限らず、不特定多数に対する口頭、インターネットまたは書面による他者の誹謗中傷。
⑨その他、利用者(会員)の利益を害すると販売者、運営者が判断する一切の行為。
2:販売者は、利用者が前条各号に掲げる行為を行うことによって利用者が受けた損害について一切の責任を負わないものとします。

(個人情報の取扱)
第 5 条
販売者は、利用者の個人情報を、別途当サイト又は当サイトに掲載されているリンク先に掲示する「個人情報保護方針」に基づき、適切に取り扱うものとします。

(代金の支払・返金について)
第 6 条
1:一旦納入された代金については、別途当サイト上に代金返還に関する記載のない限り、名目の如何を問わず、販売者は返還義務や返金義務を負わないものとします。

(商品又は当サービスの停止、変更、修正、追加、削除)
第 7 条
1:販売者は、いつでも商品又は当サービスの内容を停止、変更、修正、追加、削除することができるものとします。この場合、販売者は、利用者への通知をその都度、当サイト上に掲載する方法その他販売者が適切と判断する方法で行うものとします。
2:販売者は、前項の方法で利用者への通知を行った場合、商品又は当サービスの内容の停止、変更、修正、追加、削除に伴う責任を免れるものとし、利用者に損害が発生したとしても、販売者は損害を賠償する義務を負わないものとします。この場合、販売者は、利用者から受領した代金を一切返金しないものとします。

(当サービスのメンテナンス)
第 8 条
1:販売者は、定期又は不定期に当サービスのメンテナンスを行うことがあります。
2:前項に規定するメンテナンス期間中に当サービスが一時停止される場合があることを利用者は承諾するものとします。

(規約の解除)
第 9 条 販売者は、次の各号に掲げる事由が生じた場合、催告なしに本規約を解除し、又は利用 者の利用資格を取り消すことができるものとします。
①利用者が本規約の条項に違反する事実があったとき
②利用者が代金の支払を1回でも怠ったとき
③前号の規定にかかわらず、利用者の行為が、本規約の解除又は利用資格の取消に相当する行為であると販売者が判断したとき

(届出義務)
第 10 条
1:利用者は、氏名、名称、電子メールアドレス等の申込内容に変更があった場合は、速やかに販売者に届け出るものとします。
2:利用者が前項の届出を怠ったために、販売者からの通知又は送付された書類等が延着し又は到達しなかった場合には、販売者は通常到達すべき時に到達したと見做すことができるものとします。

(著作権)
第 11 条
1:当サービスその他の当サイト内のプログラム、写真その他の知的財産権は販売者に帰属します。
2:利用者は、当サービスを利用するにあたり、著作権に関する問題のある第三者のコンテンツを利用しないものとします。
販売者は、利用者と第三者との間において著作権その他の知的財産権を巡る問題が生じた場合でも、販売者は一切の責任を負わないものとします。

(秘密保持)
第 12 条
1:販売者及び利用者は、商品又は当サービスの利用を通じて知り得る相手方の秘密を、相手方の事前の書面による承認なしには一切外部に公表してはならないものとします。
但し、既に既知となっている情報は除くものとします。
2:利用者は、販売者が講義・スクール・勉強会・資料という形式で利用者に対して開示する情報、ならびに利用者が知り得た一切の情報を秘密とし、第三者には一切開示、漏洩、又は提供してはならないものとします。
3:販売者から提供された資料及び情報については、利用者は、利用者において厳重に管 理の上、利用者のみで取り扱い、複製あるいは第三者に貸与、譲渡等してはならないものとします。

(損害賠償)
第 13 条
利用者は、本規約に違反した場合には、商品の販売価格に違反件数を乗じた額を、販売者に支払うこととします。但し、実際に発生した損害がこの金額を上回る場合はこの限りではないものとします。

(保障の制限)
第 14 条
販売者は、利用者が、当サービスの購入・利用によって、その期待する効果が確実に得られることは名目の如何を問わず万人に保障しないものとします。

(責任の限定)
第 15 条
販売者は、本規約に関する債務不履行あるいは、不法行為その他請求の根拠の如何に関わらず、あらゆる種類の付随的損害、間接損害、派生的損害及び特別損害について、責任を負わないものとします。

(譲渡)
第 16 条
利用者は、販売者からの事前の書面による同意なしに、当サービス又は本規約上の地位 又は債権債務の全部または一部を第三者に譲渡することはできないものとします。

(規約の改定)
第 17 条
販売者は、本規約を販売者の判断により利用者の承諾なく随時変更、改定を行うことができるものとし、利用者はあらかじめこれを承諾するものとします。改定後の本規約も、販売者と利用者との間のすべての関係において適用されるものとします。

(当サービス利用者の除名)
第 18 条
利用者が販売者または運用委託者の定めた利用規定に背く行為を行った場合、販売者は 予告なく利用者の利用権利を剥奪し、会員専用サイトから除名する事ができます。ここでは強制退会という言葉を使います。強制退会になった利用者への入学金その他一切の支払に関しての返金は一切ありません。

(ソフトウェアの利用)
第 19 条
1:当サービス内で提供するソフトウェアは、インターネット等の状況変化によりバージョンアップが必要になる場合があります。サービスの提供開始日から3か月間は、販売者が無償でバージョンアップを行い、利用者に対して提供します。
2:システム、ソフトウェアの内容は、販売者の見識に従い、社会情勢に応じて変更しますが、利用者はソフトウェアの内容に関して一切の要求は出来ないものとします。

(同意事項)
第 20 条
利用者は入金前に下記の事項に同意しているものと見なします。
1:DASHプラチナムは、インターネットビジネスの集客、販売方法を学ぶオンライン教育システムであり、各種ソフトウェア、ツール、プラットフォームを提供しますが、これらは成功を保証するものではありません。
2:DASHプラチナムはクーリングオフ、返金要求などは一切受け付けないこと
3:提供するコンテンツ、プラットフォームの改良、更なる品質向上、他者との契約如何によって、提供に遅延が発生する場合もあること

(不可抗力)
第 21 条
天災、爆発、火災、ストライキ、洪水、疫病、暴動、電源の喪失又は戦争行為などの不可抗力があった場合、いずれの当事者も、本規約の義務を履行する責任を負わず、履行遅滞について責任を負わないものとします。

(準拠法、管轄裁判所)
第 22 条
1:本規約に記載されていない事項に関しての準拠法は日本法とします。
2:本サービスに関する争い、その他一切の紛争の解決に関する裁判管轄は名古屋地方裁判 所を第1審の専属管轄裁判所とすることとします。
制定:2018年5月10日
株式会社パイロテージ 阿部恭子

このホームページまたはコンテンツ、画像等すべてを、著作権者に無断で使用、複製、送信、頒布、改変、翻訳、デザインの模倣等利用することは著作権法違反となり、発覚した場合は損害賠償請求の対象となります。